酒の聖地三輪 みむろ杉

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

 端麗辛口

日本の酒造りの発祥の地といわれている聖地三輪。

三輪にある大神神社は日本最古の神社で、本殿を持たず、三輪山をご神体として祀っている。
三輪山は古来から「三諸山」と呼ばれ、「うま酒みむろの山」と称されるは「みむろ(実醪)」すなわち「酒のもと」の意味で、 酒の神様としての信仰からの呼び名となったそうだ。
毎年11月14日は大神神社に全国中から蔵元・杜氏が集まり「醸造祈願祭」が行われ、境内では振舞酒も行われ、醸造家とともに多くの参拝客・観光客で賑わっている。

また醸造祈願祭の後に、酒蔵のシンボルでもある玄関先の杉玉を全国の酒造元に配っている。

・商品名:みむろ杉 純米吟醸 華きゅん おりがらみ無濾過生酒

・原材料:米・米麹

・原料米:雄町100%

・精米歩合:60%

・アルコール分:15度

・日本酒度:-1

・酸度:1.9

・アミノ酸度:0.9

今西酒造株式会社

奈良県桜井市大字三輪510

お酒の濃淡甘辛表では、濃厚辛口の指標にある。

しかしながら、生酒らしく香りはフレッシュで爽やかなラムネのような吟醸香が特徴である。

一口飲んだ時の爽快さで、ぐいぐいと飲みやすく、それでいて雄町特有の甘味とコクも追って広がってくる!

流石、聖地の酒とあって美味しく奥が深い味わいである。とくにこの ”華きゅん”は お試し頂きたい!

大和肉鶏は勿論、魚や野菜、洋食にも合わせやすいお薦めのお酒である。

熊本の桜花

お薦めランク【☆☆☆☆+】

1902年に熊本県で創業した花の香酒造の看板銘柄。もともとは神田酒造として誕生し、1992年花の香酒造に名を変えた。神田清隆氏が6代目当主で杜氏を兼ねている。

幾つかあるシリーズの中でもこの「桜花」は、ロンドンSAKEチャレンジで金賞受賞している。またフランスで開催された日本酒コンクール第1回「Kura Master」では最高位のプラチナ賞に輝き、上位10銘柄に選出されて「審査員特別賞」も受賞した。

使用米は「山田錦」で、今では珍しい伝統技法「撥ね木搾り」所謂、木槽絞りで上槽している。醪を酒袋に入れて槽に積み込み、「撥ね木」と呼ばれる巨木に重しを吊してテコの原理で圧をかけ時間をかけてゆっくり搾るために優しく旨みのある酒になるという。

・商品名:純米大吟醸花の香 桜花

・原材料名:米・米麹

・使用米:山田錦

・精米歩合:麹米50%・掛米50%

・アルコール分16度

花の香酒造株式会社

熊本県玉名郡和水町西吉地2226ー2

フルーティーで、酸味と発泡感が口に広がる。

甘さは控えめで、程よく切れてゆく。

シャンパンのような泡感と白ワインのような感覚が新鮮である。

和食にも当然合わせられるが、油っこいものや、洋食、中華などにも合わせやすい。

チーズやクッキー等に合わせても美味しいと思う。

お値段はとてもリーズナブル、そしてこのクオリティー!

是非お試し頂きたい一品。特に女性や日本酒が苦手と思っている方にはお勧めである!

【注】

但し、発泡力があるため、開封後横にして冷蔵庫に保管しておくと栓が勝手に抜けてしまう!マメに開きガス抜きが必要である

福井県大野 花垣

お薦めランク【☆☆☆☆】

越前の小京都・大野市。創業100年を超える老舗蔵である。環境庁名水百選にも選ばれた名高い御清水(おしょうず)と、良質な酒米で酒を醸している。現在、9代目の南部隆保さんが蔵元となり、伝統や手造りを重んじた酒造りを重視しつつ、近代化にも力を入れている。

・商品名:花垣 純米無濾過生原酒

・原材料名:米・米麹

・精米歩合:60%

・アルコール分:18度

株式会社南部酒造場

福井県大野市元町6-10

このお酒は、開封してすぐ飲むより1週間ほど間をあけたほうが、

味が落ち着き馴染むような気がする。

辛口であるが、その辛口は感じずまろやかである。

一口飲めば、ほのかにフルーティーを感じ、旨味が追ってくる。

食前でもいけるが、やはりこのお酒の良さを引き出すのは、食中である。

御魚は勿論、天ぷら、煮物、一夜干しなど、日本食を引き立ててくれる。

是非、食中のお供にお試し頂きたい!

博多の 若波

日本酒ランク【☆☆☆☆】

大正11年、今村本家酒造の分家として大川の地に創業した酒蔵で醸された。 蔵の傍を流れる筑紫次郎(筑後川)の若々しい波の姿より「若波」と銘名されたとのこと。

壽限無(じゅげむ)とは山田錦(父)と夢一献(母)の交配種の酒米の名前。

・商品名:若波 純米吟醸 壽限無

・原材料:米、米麹

・精米歩合:55%

・アルコール分:16%

若波酒造合名会社

福岡県大川市鐘ヶ江752

マスカット風の爽やかな果実の香りで、口に含めば上品な酸が感じられ、ほのかな甘み、お米の旨味と共に綺麗で透き通った後味が広る。
口に含んでから最初から最後まで大変バランスが良い逸品である。

和食は勿論、洋食にも合わせやすく、冬は鍋から夏はカルパッチョ等何でもOKである。

大高檀紙を藍に染めたようなラベルが高級感漂う。但しお値段は比較的リーズナブル。

雨後の月

日本酒ランク【☆☆☆☆】

 端麗辛口

明治8年創業の蔵で、野呂山の伏流水で醸されたお酒である。近年は吟醸蔵として生まれ変わったそうである。

現に吟醸のラインナップが多く、どれにしようか迷ってしまう。

・商品名:雨後の月 純米吟醸 山田錦限定品

・アルコール分:16度

・原材料名:米、米麹(国産)

・日本酒度:+2

・酸度:1.4

・精米歩合:50%

相原酒造株式会社

広島県呉市仁方本町1丁目25-15

ほのかな吟醸香に比較的まろやかな口当たり、そしてすっと切れてゆく。

食中酒であるが、淡麗で冴えており単独で飲んでも飲みやすい。

天ぷらやお刺身、お惣菜から洋食、中華でも受け入れてくれる間口の広さに拍手。

是非、食卓においてほしい一本である。  

まさに「雨上がりの空に、冴え冴えと光輝くが周りを明るく照らす」如くである。

七本槍

お勧めランク【☆☆☆☆】

旧北国街道沿いに佇む、450年の歴史をもつ古い蔵では、賤ケ岳の合戦で武功をあげた加藤清正、福島正則ら7人の若武者に因んで名付けられた酒が醸されている。

・商品名:純米 七本槍

・原材料:米、米麹(滋賀県産)

・精米歩合:麹米60%精米 掛米 60%精米

・アルコール分:15度

滋賀県長浜市木之本町木之本1107

冨田酒造有限会社

かの北大路魯山人が愛したお酒ということで、まずは基本中の純米酒を飲んでもらいたい。このお酒には日本酒の基本が織り込まれているような気がする。

コクがありかつしっかりとした味わいである。単体でも割と飲みやすいのだが、このお酒の良さは、食べ物と合わせたときに発揮される。

刺身に、煮物、天ぷら、洋食や中華でも酒が包み込むように食材を受け入れてくれる。

まさに、魔法の食中酒である。

最近は、繊細な味わいや、果物香が立ち飲みやすいい発泡感のお酒が多い中、昔ながらの無骨な感じの伝統を守っている。しかしながら、決してあくの強い日本酒というわけではなく、幅広い支持を受けられるお酒だと思う。

十字旭日

お勧めランク【☆☆☆☆】

 端麗辛口

【ラベルコメント】

『微生物の力をかり、天然の乳酸をつくり、酒母を育てる生酛造りをした純米酒です。20BYに初挑戦し、今期(2018年)で10年目となりましたが、変わらず酒造りの難しさ、怖さ、面白さ、喜びを感じられる造りとなっています。蔵に住み着いている酵母が醸す、幅のある味わいを楽しんでいただければと思います。今回はキレの良いタイプになりました。生は超限定』

・商品名 純米生原酒 十字旭日 生酛 五百万石70 29BY仕込18

・原材料名 米、米麹

・原料米 島根県産五百万石100%

・精米歩合 70%

・アルコール度数 19度以上20度未満

・日本酒度 +15

・酸度 1.9

・アミノ酸度 1.6

・酵母 蔵付き酵母

島根県出雲市今市町662

旭日酒造有限会社

生酛造りに加えアルコール度数が20%もある原酒とあり、少々きついお酒のイメージがあった。

しかし、実際には飲み口がすっとしていて、癖がなくそれでいて深い味わいが後を追って、口の中に広がる。

そして、最後に切れていくため、ついおかわりしたくなるお酒である。

あてには、濃いめのものがよく合い、中華や豆板醤やコショウ使った刺激が強めの食べ物にも十分耐えられる。

それでいて淡白な御魚でも、寄り添ってくれる。

十字旭日は玄人はだし向けのお酒というイメージであった。

が、このシリーズは意外なほど飲みやすく、十字旭日のイメージが変わった一品であった。

花冷え~ひと肌くらいがストライクゾーンのような気がするが、是非お試し頂きたい生酛である。

THE埼玉 五十嵐

日本酒ランク【☆☆☆☆】

 淡麗辛口

・商品名:五十嵐 純米酒 28BY 無濾過生原酒 直汲み

・原材料名:米・米麹

・精米歩合:60%

・使用米:五百万石(100%)

・アルコール分:17度

・日本酒度:+4

・酸度:1.7

・天覧山酒造元 五十嵐酒造株式会社

・埼玉県伊能市川寺667-1

このお酒の特徴は、飲んだ時にストレートに感じる発泡感である。

シュワシュワとしたこの飲み口はシャンパンのそれに似ている。

梨のよなほのかな芳香と、飲んだ時の僅かな甘味が発泡感の裏側に隠され、やがて芳醇な味わいがあり、最後に切れていく。

そして何よりコスパが良く、その割に完成度も高く満足の一品である。

お肉や洋食系によく合うお酒として、お店の方がお勧め下さったお酒がこの”五十嵐”であった。

少し濃厚なお料理でも、すっと流し込んでくれる。そして、お酒の味わいを楽しませてくれる。

かつて武蔵武士が群雄割拠した無骨なイメージの埼玉を一新するようなお酒である!

入手困難 而今

日本酒ランク【☆☆☆☆☆】

 辛口濃厚

2004年に登場した「而今」をご紹介。

6代目蔵元杜氏の大西唯克氏は若いころから注目されるスター杜氏で、すべての酒造りの工程で精緻な計算をすることで有名である。この、而今特別純米無濾過生はフルーティな飲み口と、ほのかな甘みや爽やかな酸味が絶妙に調和し、飲み飽きることがない逸品である。

・商品名:而今 特別純米 無濾過生

・原料米: 米麹・山田錦、掛・五百万石
・精米歩合 : 60%
・日本酒度 : ±0
・酸度 : 1.9
・アルコール分 : 16%

・木屋正酒造
・三重県名張市本町 

而今は、十四代を超えたなどと噂になったほど、初めて登場した当初は本当にセンセーショナルな出来事だった。

幻の酒とまで呼ばれる『十四代』はいわゆる吟醸酒の代表格で、クリアで透明感のある美しい味である。

しかし、而今はその透明感に、ほのかなコクや酸味、甘味が加わり奥行きの深い味となっている。

まさしく、今の日本酒つくりの潮流を作った銘柄ではなかろうか。

このシリーズは、この完成度にして定価3,000円程と、大変リーズナブルなのであるが、なんせ手に入れるのが難しい。ほとんどは、有名飲食店などに出回り、個人は抽選予約販売がほとんどである。

しかし、日本酒を飲むなら避けて通れない一本であることは間違いない。

鈴鹿の伏流水に恵まれているとはいえ、何故、この三重県は、而今はじめ作、酒屋八兵衛などの名品が生れるのだろうか?おそらく、絶えない努力を重ねる、酒蔵や杜氏を育む土壌があるのだろう。

気鋭の酒 加茂錦

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

酒どころ新潟の加茂市に明治26年創業している。120年以上の歴史をもつ地元の銘酒としての基盤がある一方、2016年、新ブランドが大ブレイクした。その名も「荷札酒」と言い、ラベルも斬新で印象的である。

造り手は若手(20代)の次期蔵元、田中悠一氏で、いわゆる“理系男子”だったそうだが、「獺祭」や「十四代」に出会って日本酒の味わいに開眼されたという。そこで、酒造りの道を志すことになったそうだ。

「荷札酒」シリーズは、精米歩合50%以下の純米大吟醸が基準モデル。しかも、洗練された出来栄えにもかかわらず、比較的安価でリーズナブルである。

・商品名 荷札酒 無濾過生原酒 純米大吟醸

・原材料 米、米麹

・使用米 山田錦32% 五百万石68%

・精米歩合50%

・アルコール度数 15%

・仲汲み・生囲い

加茂錦酒造株式会社

新潟県加茂市仲町3番3号

上品でふくらみのある香味と甘みと後を引く余韻が印象的である。

フレッシュで心地よい酸味が広がり、やがて口の中にほのかな甘みと深い味わいが残る。そして程よく切れていくバランスのよさは絶妙である。

獺祭や十四代に影響されつつも、独自の味わいを確立されている。私はむしろ加茂錦の方が好きである。

このお酒は密かにブレーク中だということだが、あまり有名になってもらうと入手しずらくなるので、

一ファンんとしてはこれ以上人に知られたくはない。

でも紹介せずにいられない、美味しいお酒である。

魚にも、肉にも、野菜にもあい、和風、洋風、中華等、料理種類問わずマリアージュしやすく、万能

のお酒。是非ご賞味あれ。