牛肉チンゲン菜炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・牛肉 170g

・チンゲン菜 1パック

・にんにく 1片

・塩こしょう 少々

・醤油 少々

・オリーブオイル 少々

フライパンでニンニクのスライスを炒め、香りと焦げ目が出たら、牛肉、チンゲン菜を順に炒め、塩コショウで薄く味付、最後に醤油を鍋肌にさっと落とす。

チンゲン菜のシャキシャキ感と、香ばしい牛肉のバランスが良い。

ビールは勿論、醤油の香ばしさが、日本酒にも合う!

超お手軽おつまみ、お試しあれ!!

サーモンユッケ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

 

・サーモン刺身 4切れ

・卵黄 1個

・きゅうり 3分の1

・サニーレタス 少々

・いりごま(白) 少々

【味付】

・ごま油 大さじ1

・醤油 小さじ1

・みりん 小さじ1

・おろしにんにく 少々

・豆板醤 少々

刺身のサーモン1切れを5,6等分に切り分け

ボールに味付調味料を入れ、サーモンとサッと和える。

サーモンをお皿に盛り付けてから卵黄を上に乗せ、いりごまをかけて出来上がり!

豆板醤の辛みと、みりん、卵黄の甘みが程よい

淡麗辛口でも濃厚甘口でも合う お酒のおつまみに是非!

甘鯛の塩焼き

お家で若狭グジを焼こう!

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

・甘鯛 2尾 【若狭ぐじ】

・塩 少し多めに

・日本酒 (菊姫 出来れば山廃が良い)

甘鯛のうろこ、内臓を取り、タッパの中で塩を振って2時間 冷蔵庫で寝かす

『・鱗、内臓はお店でも取ってもらえます。京都の料亭では甘鯛は鱗をつけて焼くみたいですが、そこはお好みで!多分鱗をつけて上手に焼くのは家庭では難しい。(ガスバーナー)等で処理しないと固くて食べずらい』

甘鯛の表、裏に日本酒を塗りながら弱火で焼く。塗りは何度も繰り返す。この手間が大事!

【ワンポイント】酒を塗ることで、自然な照りが出て型崩れもしにくく、旨味が閉じこめふっくら仕上がる!!日本酒は料理酒でも良いが、贅沢に山廃を使う

ふっくら仕上がり、本当に美味しい!日本酒塗りだけでお店の味を再現。

鱗はなくとも、これだけの仕上げりとパリパリ感も出る!おまけに食べやすい

今回は菊姫純米山廃を使ったので、同じ菊姫を呑みながら若狭グジを食らう❕

ブランド若狭グジ(500g以上だけ)を地元スーパーで1尾590円で入手!多分このクラスなら京都の料亭で出てきたときは1万円以上する。

家飲みならではの贅沢である。

豚肉の色々しそ巻き

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

 (4人分)

・豚のバラ肉 340g

・大葉 18枚

・梅干し 1個

・ワサビ 少々

・合わせみそ 小さじ1

・チーズ 小さじ2

まな板にサランラップを敷き、豚肉を大葉2枚分幅に並べ、大葉を交互に4枚づつ豚肉の上に置く。(それを各4種類分 用意する)

    【チーズ巻き・味噌巻き】

   【ワサビ巻き・梅巻き】

サランラップで豚肉をきつめに巻き上げる

もう少し強く巻いても大丈夫!

六等分して、具はお好み別に串にさして塩コショウを少々ふっておく。具にそれぞれの薬味がついているので塩コショウはかけ過ぎない!

以上で下準備OK。後は食べる前にフライパンに油を入れて焼く。

【焼きコツ】弱火で、切り口を炒め面に向ける。焦げ目がついたら反対にひっくり返す。

豚肉の色々しそ巻き の完成

居酒屋にいる気分で、ビールやハイボールで召し上がれ!

ぐいぐいとアルコールが進む ❕

中落山芋の半玉乗せ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

・山芋短冊 150g
・マグロ中落 1パック
・温泉卵
・小口ネギ 少々
・もみ海苔 ひとつかみ

・本つゆだし 大さじ5
・ワサビ 小さじ2

最初に卵を半熟に茹で、冷ましておく。
山芋を短冊に切り分け、皿にドーナッツのように盛りつけたら、真ん中にマグロの中落を入れその上に卵(半熟)を落とす。小口ネギともみ海苔を上からかけて出来上がり。

タレは、お好みに応じて適宜かけながら食べると良い。

秋の夜長は日本酒のおつまみに、まったりと❕

アスパラの白和え

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

(2人分)

・木綿豆腐 100g

・アスパラ 2本

・人参 50g

・しいたけ 2枚

【調味料】

・味噌 小さじ2

・砂糖 小さじ2

・醤油 小さじ2分の1

・練りゴマ 20g 

木綿豆腐を煮出しして冷ます。

アスパラガス、人参、しいたけは5㎜程の斜め切りをして、軽く湯がきフライパンでから炒めをする。(水分を飛ばす)

調味料を混ぜておく。

アスパラ、人参、しいたけの中に木綿豆腐を裏ごししながら入れる。

ヘラで和えたら、盛り付けて出来上がり❕

日本酒のおつまみにもってこい!!

生酛系のコクのある日本酒で合わせると良い酔い!!

秋野菜の揚げびたし

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

 (各 2人分)

【レンコンバージョン】

・なす 3本

・レンコン 1本

・マイタケ 1パック

【アボガドバージョン】

・なす 2本

・アボガド 2分の1

・マイタケ 1パック

 【なすの量は好みで】

なすやアボガドは乱切り、レンコンは薄切り、マイタケは小口切り

各材料をフライパンで素揚げし、タッパの中にめんつゆに浸して冷ましておく。

最後にお皿に盛り付けて出来上がり。手間は冷やしておく時間だけ!!

どちらのコンビネーションでも秋たっぷり、日本酒によく合う

マグロ韓国のり包み

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・マグロの中落ち  100g

・小口ネギ  少々

・本だしつゆ 小さじ3

・わさび  少々

・韓国のり  1袋(10枚)

・オリーブオイル 少々

マグロの中落に、ネギ、本つゆ、ワサビをサッと練りこみ、韓国のりで包む。

フライパンに油を入れ、マグロが出ている面側から焼き、ひっくり返す。

【注】マグロは手で練らず、スプーン等を使い、焼き目は表面だけで中は半生

マグロの下味と韓国のりの塩けが丁度よいバランスなので、何も付けづにそのまま食べれる。

ビール、ハイボールのおつまみにも、お酒のあてにもどちらでも!!

とても簡単に出来る”おつまみ”なので是非お試しあれ!

揚げないタコ唐

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・タコ (ゆで) 300g

・すりおろし生姜 1片

・片栗粉 適量

・醤油 小さじ1

・ほんだし 大さじ1

・酒 大さじ1.5

・ニンニクチューブ 小さじ1

・あらびき黒コショウ 適量

・サラダ油 大さじ3

・サニーレタス 適量

タコを一口大のぶつ切りにし、すりおろし生姜、ニンニク、酒、醤油のタレの入ったタッパの中にしっかりまぶして漬けておく。(冷蔵庫で約1時間)

冷蔵庫からタッパを取り出し、中のタコの水気をキッチンペーパーでふき取り、粗挽き黒コショウを適量ふってから片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油を入れ高温に熱したらタコを焼き目がつくまで焼く。

好みによりレモン汁をかけて食べてもよい。

ビールのおつまみに!

そしてハイボールでも乾杯!!愛しのタコ唐よ~

サーモンのたたき

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・サーモン 200g

・小口ネギ(カット) 1個

・オリーブオイル 大さじ2

【ソース】

・にんにく 2片

・玉ねぎ 1/4

・醤油 大さじ1

・本だし 大さじ2

・まろやかだし酢 大さじ1

・料理酒 大さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

・みりん 大さじ1

・たかのつめ 少々

フライパンにオリーブオイルを入れ、スライスしたニンニクを炒める。ニンニクにほんのり焦げ目がついたらトレイに移し、そのフライパンでサーモンを4面(約5秒ずつ)炒め、一緒のトレイに移し冷ましておく。

ニンニクとサーモンを炒めたフライパンで玉ねぎのみじん切りを炒め、少し余熱あるところに、オリーブオイルを除いたソースの材料を入れ混ぜる。

ソースは食べるときのオリーブオイルを加える。皿に小口ネギを敷き、その上に薄めに切り分けたサーモンのたたきを並べて完成。

サーモンの上にニンニクチップと特製ソースを乗せ、ネギを巻いて食べると美味しい!

また粗塩と黒コショウにつけて食べると、サーモンの甘みが感じられる!

【絶妙の特製ソースと粗塩黒コショウ】