豚肉と高菜の炒め物

【手間ンクA】

おつまみ簡単レシピ

・高菜 大さじ3

・豚肉(細切れ) 100g

・ごま油 少々

・白ごま 少々

・本だし 小さじ1

豚肉を細かく切って、ごま油を敷いたフライパンで炒め、追いで高菜も炒める。

よく炒めたら本だしを入れてかき混ぜ出来上がり。お皿に盛り付けたら、白ごまをかけて食べる。

お酒のおつまみにどうぞ!

豚肉炒めだけでは酒のお供として少し物足らないが、高菜を入れることによりほのかな酸味や、触感も加わりより和風に仕上がる。

手間いらずで安価なおつまみ 重宝重宝!

山廃など生酛系のコクのあるタイプのお酒にお勧め。

アジの梅味天ぷら

【手間ランクB】

おつまみ簡単レシピ

・あじ 3匹

・大葉 6枚

・梅干し 1個

アジを3枚に開く。開いたアジに大葉1枚と刻んだ梅干しを少々巻いて、てんぷら粉をつけて油で揚げる。

お皿に野菜を添えて出来上がり。

梅味がついているため、そのまま食べても美味しい

おこのみでタルタルソース、塩をつけてもよい。

ビールやハイボールのお供に。日本酒のおつまみにもいける。

サンマ蒲焼スパ

【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

・スパゲティー 200g

・サンマ蒲焼の缶詰 1個

・にんにく 1片

・赤唐辛子 1本

・大葉 4枚

・大根おろし 少々

・オリーブオイル 大さじ2

・パスタの茹で汁 大さじ2

・スパを半分に折って、茹でる

・みじん切りにしたにんにくと赤唐辛子をオリーブオイルで炒める(弱火)

・この中にサンマ蒲焼とパスタのゆで汁を加えて、茹で上がりのパスタを入れてからめる。(サンマは缶詰の中身に応じて、少し細かくばらかしておく)

・盛付けに、汁を絞った大根おろし、大葉を乗せ出来上がり

とても簡単で、もちろん単体で食べても美味しいが、お酒やビールのおつまみとして、合わせると尚良い。

味付けに細工は一切ないので、時間のないときにはうってつけ。

缶詰に漬かったサンマがいい味を出している。

椎茸のタルタル乗せ

【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

・椎茸 4個

・たまご 1個

・福神漬け 大さじ1

・マヨネーズ 大さじ2

・塩コショウ 少々

・たまごを茹でて潰し、そこに福神漬け、マヨネーズ、塩コショウを入れて和える

・しいたけは、石づきを切りとり、和えた具を乗せる

・オーブントースターに入れ、焦げ目が付いたら出来上がり

簡単に出来てビールが進む!ハイボールにもどうぞ

日本酒は酸味と発泡感があるタイプが合う❕

厚揚げの豚肉巻炒め

【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

・厚揚げ 小4枚

・豚バラ肉 100g

・片栗粉 少々

・大葉 5枚

・いりごま 少々

【たれ】

・醤油 大さじ2

・砂糖 大さじ2

・みりん 大さじ2

・酒 大さじ1

・にんにくチューブ 2㎝程

厚揚げを3等分して水分をとる

豚バラ肉で厚揚げを巻いて片栗粉をまぶす

フライパンにオリーブオイルをひいて全面を焼き、準備したたれをかける

豚肉巻に照りがでたら出来上がり!

盛り付けに大葉の千切りといりごまをかける

出来上がりはやや甘めだが、照りも出てビールやハイボールのおつまみに最高!!

勿論、日本酒にもバッチリ!

甘さ加減は、好みで調整してちょ❕

牛肉チンゲン菜炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・牛肉 170g

・チンゲン菜 1パック

・にんにく 1片

・塩こしょう 少々

・醤油 少々

・オリーブオイル 少々

フライパンでニンニクのスライスを炒め、香りと焦げ目が出たら、牛肉、チンゲン菜を順に炒め、塩コショウで薄く味付、最後に醤油を鍋肌にさっと落とす。

チンゲン菜のシャキシャキ感と、香ばしい牛肉のバランスが良い。

ビールは勿論、醤油の香ばしさが、日本酒にも合う!

超お手軽おつまみ、お試しあれ!!

サーモンユッケ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

 

・サーモン刺身 4切れ

・卵黄 1個

・きゅうり 3分の1

・サニーレタス 少々

・いりごま(白) 少々

【味付】

・ごま油 大さじ1

・醤油 小さじ1

・みりん 小さじ1

・おろしにんにく 少々

・豆板醤 少々

刺身のサーモン1切れを5,6等分に切り分け

ボールに味付調味料を入れ、サーモンとサッと和える。

サーモンをお皿に盛り付けてから卵黄を上に乗せ、いりごまをかけて出来上がり!

豆板醤の辛みと、みりん、卵黄の甘みが程よい

淡麗辛口でも濃厚甘口でも合う お酒のおつまみに是非!

甘鯛の塩焼き

お家で若狭グジを焼こう!

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

・甘鯛 2尾 【若狭ぐじ】

・塩 少し多めに

・日本酒 (菊姫 出来れば山廃が良い)

甘鯛のうろこ、内臓を取り、タッパの中で塩を振って2時間 冷蔵庫で寝かす

『・鱗、内臓はお店でも取ってもらえます。京都の料亭では甘鯛は鱗をつけて焼くみたいですが、そこはお好みで!多分鱗をつけて上手に焼くのは家庭では難しい。(ガスバーナー)等で処理しないと固くて食べずらい』

甘鯛の表、裏に日本酒を塗りながら弱火で焼く。塗りは何度も繰り返す。この手間が大事!

【ワンポイント】酒を塗ることで、自然な照りが出て型崩れもしにくく、旨味が閉じこめふっくら仕上がる!!日本酒は料理酒でも良いが、贅沢に山廃を使う

ふっくら仕上がり、本当に美味しい!日本酒塗りだけでお店の味を再現。

鱗はなくとも、これだけの仕上げりとパリパリ感も出る!おまけに食べやすい

今回は菊姫純米山廃を使ったので、同じ菊姫を呑みながら若狭グジを食らう❕

ブランド若狭グジ(500g以上だけ)を地元スーパーで1尾590円で入手!多分このクラスなら京都の料亭で出てきたときは1万円以上する。

家飲みならではの贅沢である。

豚肉の色々しそ巻き

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

 (4人分)

・豚のバラ肉 340g

・大葉 18枚

・梅干し 1個

・ワサビ 少々

・合わせみそ 小さじ1

・チーズ 小さじ2

まな板にサランラップを敷き、豚肉を大葉2枚分幅に並べ、大葉を交互に4枚づつ豚肉の上に置く。(それを各4種類分 用意する)

    【チーズ巻き・味噌巻き】

   【ワサビ巻き・梅巻き】

サランラップで豚肉をきつめに巻き上げる

もう少し強く巻いても大丈夫!

六等分して、具はお好み別に串にさして塩コショウを少々ふっておく。具にそれぞれの薬味がついているので塩コショウはかけ過ぎない!

以上で下準備OK。後は食べる前にフライパンに油を入れて焼く。

【焼きコツ】弱火で、切り口を炒め面に向ける。焦げ目がついたら反対にひっくり返す。

豚肉の色々しそ巻き の完成

居酒屋にいる気分で、ビールやハイボールで召し上がれ!

ぐいぐいとアルコールが進む ❕

中落山芋の半玉乗せ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

・山芋短冊 150g
・マグロ中落 1パック
・温泉卵
・小口ネギ 少々
・もみ海苔 ひとつかみ

・本つゆだし 大さじ5
・ワサビ 小さじ2

最初に卵を半熟に茹で、冷ましておく。
山芋を短冊に切り分け、皿にドーナッツのように盛りつけたら、真ん中にマグロの中落を入れその上に卵(半熟)を落とす。小口ネギともみ海苔を上からかけて出来上がり。

タレは、お好みに応じて適宜かけながら食べると良い。

秋の夜長は日本酒のおつまみに、まったりと❕