フグの唐揚げ

【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

・フグ ブロック1パック(200g)

・唐揚げの素

・油

調理済みのフグのブロックを骨と身に分け一口大に切る。

唐揚げのの粉をまぶして油で揚げる。

市販の唐揚げの素を使い、極力時短に努めたが、これがシンプルで非常に美味しい。お手軽かつ安価で簡単なおつまみである。

鶏肉の唐揚げだと、ビールやハイボールのおつまみで終わってしまうが、フグは淡白かつ旨味も凝縮され

日本酒によく合う。おまけに山廃、吟醸酒、生酒、なんでも合わせやすい!

強いて難点を言えば、この調理済みの河豚ブロックが最寄りのスーパー等に売っているかどうかである。

十字旭日

お勧めランク【☆☆☆☆】

 端麗辛口

【ラベルコメント】

『微生物の力をかり、天然の乳酸をつくり、酒母を育てる生酛造りをした純米酒です。20BYに初挑戦し、今期(2018年)で10年目となりましたが、変わらず酒造りの難しさ、怖さ、面白さ、喜びを感じられる造りとなっています。蔵に住み着いている酵母が醸す、幅のある味わいを楽しんでいただければと思います。今回はキレの良いタイプになりました。生は超限定』

・商品名 純米生原酒 十字旭日 生酛 五百万石70 29BY仕込18

・原材料名 米、米麹

・原料米 島根県産五百万石100%

・精米歩合 70%

・アルコール度数 19度以上20度未満

・日本酒度 +15

・酸度 1.9

・アミノ酸度 1.6

・酵母 蔵付き酵母

島根県出雲市今市町662

旭日酒造有限会社

生酛造りに加えアルコール度数が20%もある原酒とあり、少々きついお酒のイメージがあった。

しかし、実際には飲み口がすっとしていて、癖がなくそれでいて深い味わいが後を追って、口の中に広がる。

そして、最後に切れていくため、ついおかわりしたくなるお酒である。

あてには、濃いめのものがよく合い、中華や豆板醤やコショウ使った刺激が強めの食べ物にも十分耐えられる。

それでいて淡白な御魚でも、寄り添ってくれる。

十字旭日は玄人はだし向けのお酒というイメージであった。

が、このシリーズは意外なほど飲みやすく、十字旭日のイメージが変わった一品であった。

花冷え~ひと肌くらいがストライクゾーンのような気がするが、是非お試し頂きたい生酛である。

ウインナーとジャガイモのバター炒め

【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

・ウインナー 6本

・じゃがいも 2個

・ブロッコリー 10個

・バター 5g

・醤油 小さじ2

・塩、コショウ 少々

(冷蔵庫のお掃除 残り物には福がある!!)

・ジャガイモは一口サイズの乱切り、ウインナーは斜め切り

・ブロッコリーは茹でておく

・鍋に水とジャガイモを入れ、沸騰したら中火にして竹串が通れば湯を捨てて粉吹き状態に

・フライパンにバターを入れ、ウインナー、ブロッコリー、ジャガイモを炒め、最後に醤油と塩  コショウで味付けて出来上がり

ビールやハイボールで乾杯❕

簡単に出来て、美味しい

THE埼玉 五十嵐

日本酒ランク【☆☆☆☆】

 淡麗辛口

・商品名:五十嵐 純米酒 28BY 無濾過生原酒 直汲み

・原材料名:米・米麹

・精米歩合:60%

・使用米:五百万石(100%)

・アルコール分:17度

・日本酒度:+4

・酸度:1.7

・天覧山酒造元 五十嵐酒造株式会社

・埼玉県伊能市川寺667-1

このお酒の特徴は、飲んだ時にストレートに感じる発泡感である。

シュワシュワとしたこの飲み口はシャンパンのそれに似ている。

梨のよなほのかな芳香と、飲んだ時の僅かな甘味が発泡感の裏側に隠され、やがて芳醇な味わいがあり、最後に切れていく。

そして何よりコスパが良く、その割に完成度も高く満足の一品である。

お肉や洋食系によく合うお酒として、お店の方がお勧め下さったお酒がこの”五十嵐”であった。

少し濃厚なお料理でも、すっと流し込んでくれる。そして、お酒の味わいを楽しませてくれる。

かつて武蔵武士が群雄割拠した無骨なイメージの埼玉を一新するようなお酒である!

豆腐とトマトのバター醤油炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

・トマト 1個

・豆腐 半丁(木綿)

・ベーコン 6枚(ハーフ)

・バター 小さじ1

・醤油 大さじ1

・ブラックペッパー 少々

・ドライパセリ 少々

ベーコンは細切り、トマト、豆腐は乱切り

ベーコンをフライパンで炒め、ベーコンから出た油でトマト、豆腐を炒めバターを落とす。

最後に醤油を鍋肌に沿って入れて少し炒める。

盛り付け時に、ブラックペッパーとドライパセリをかけて出来上がり。

手間いらずで簡単に出来る!

トマトのほのかな酸味が食欲をそそる。ビールは

もちろん、発砲系の生酒や白ワインにもよく合う

サッサッと作って、まったり呑もう!!

菩提酛 御前酒 

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

以下(ラベル記載の通りに記述)させていただいた。

【延宝五年(1677)ごろに執筆、各地の酒造りを紹介した「童蒙酒造記」によれば寺院で造られた僧坊酒の中でも、嘉吉年間(1441~1444)奈良の菩提山正暦寺で境内の清流によって醸されていた酒はその旨さで天下に名を広めたと記されています。このお酒に使われた酛(酒母)は山号に因んで菩提酛と称し、美酒を造る大切な要因となりました。御前酒・菩提酛にごり酒は、伝承された酒造法を今に現わし、天然乳酸菌由来の乳酸と純粋培養酵母による酒母造りで、古来の味を引き出しました。岡山が誇る酒米・雄町米の濃厚な旨味と共に爽やかな酸味が楽しめるうすにごり酒となっております。】 

・商品名:御前酒純米原酒 菩提酛にごり酒火入れ 

・原料米:雄町米100%

・精米歩合:65%

・原材料名:米、米麹(原料米は全て岡山産)

・アルコール分:17度

・杜氏:辻麻衣子(備中杜氏)

株式会社 辻本店

岡山県真庭市勝山116

1900年代に入って速醸酛が開発され、伝統技法の菩提酛は消えたかと思われていたが、お膝元の奈良はじめわずか数か所の酒蔵に、伝えられ残された。

最初はどぶろくのように、濃厚でコクのあるお酒を想像していたが、最初に感じるほど良い酸味が、濃厚でまったりしたのど越しを和らげ、実に飲みやすいい仕上がりとなっている。絡みつくような、甘味と粘りも抑えられ、本当にバランスの良い最高の仕上がりである。

これは新作のお酒?と思うほど斬新感があり、いにしえからの伝統技法を改めて見直すきっかけとなった!

このお酒は、例えばお膝元の奈良漬けのような少し癖の強いものから、白身の淡白なお魚など和ものに何でも合う。

かといって、牛肉、豚肉、揚げ物など濃いもの、中華、洋物まで何でも合わせられる万能のお酒である!

本当に奥が深いお酒である。

鴨鍋

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・鴨肉(ロース) 170g

・鶏つみれ 16個入り 220g

・くず

・白ネギ(谷田部ネギ)2本

【だし『黄金比 醤油:みりん:酒:昆布だし・1:1:1:15』】

但し、今回はオリジナル比で・・

・昆布 2切れ

・水 1ℓ

・醤油 大さじ3

・本だしつゆ 大さじ4

・みりん 大さじ5

・酒 大さじ4

水に昆布を浸し、鍋に火をかけひと煮立ちする前に昆布を取り出す

そこに醤油、本だしつゆ、みりん、酒を入れる。味は好みで微調整

ネギを火であぶり焦げ目がついたら、だしつゆの中に入れる。

次に、つみれとくずを入れ、最後に鴨肉を入れ、火が通ったら出来上がり。

【こつ】

・だしは、少し薄め位で、具を入れると丁度良い味わいになる

・鴨肉は煮過ぎず、火が通ったらすぐ火を止める

お酒のお供に。そして、ハイボールにも合わせてみて!!

鍋が終わったら、翌日残りだしを使って鴨そばが最高!出来れば鴨肉一切れ残しておくと良い!!

入手困難 而今

日本酒ランク【☆☆☆☆☆】

 辛口濃厚

2004年に登場した「而今」をご紹介。

6代目蔵元杜氏の大西唯克氏は若いころから注目されるスター杜氏で、すべての酒造りの工程で精緻な計算をすることで有名である。この、而今特別純米無濾過生はフルーティな飲み口と、ほのかな甘みや爽やかな酸味が絶妙に調和し、飲み飽きることがない逸品である。

・商品名:而今 特別純米 無濾過生

・原料米: 米麹・山田錦、掛・五百万石
・精米歩合 : 60%
・日本酒度 : ±0
・酸度 : 1.9
・アルコール分 : 16%

・木屋正酒造
・三重県名張市本町 

而今は、十四代を超えたなどと噂になったほど、初めて登場した当初は本当にセンセーショナルな出来事だった。

幻の酒とまで呼ばれる『十四代』はいわゆる吟醸酒の代表格で、クリアで透明感のある美しい味である。

しかし、而今はその透明感に、ほのかなコクや酸味、甘味が加わり奥行きの深い味となっている。

まさしく、今の日本酒つくりの潮流を作った銘柄ではなかろうか。

このシリーズは、この完成度にして定価3,000円程と、大変リーズナブルなのであるが、なんせ手に入れるのが難しい。ほとんどは、有名飲食店などに出回り、個人は抽選予約販売がほとんどである。

しかし、日本酒を飲むなら避けて通れない一本であることは間違いない。

鈴鹿の伏流水に恵まれているとはいえ、何故、この三重県は、而今はじめ作、酒屋八兵衛などの名品が生れるのだろうか?おそらく、絶えない努力を重ねる、酒蔵や杜氏を育む土壌があるのだろう。

牛肉チンゲン菜炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・牛肉 170g

・チンゲン菜 1パック

・にんにく 1片

・塩こしょう 少々

・醤油 少々

・オリーブオイル 少々

フライパンでニンニクのスライスを炒め、香りと焦げ目が出たら、牛肉、チンゲン菜を順に炒め、塩コショウで薄く味付、最後に醤油を鍋肌にさっと落とす。

チンゲン菜のシャキシャキ感と、香ばしい牛肉のバランスが良い。

ビールは勿論、醤油の香ばしさが、日本酒にも合う!

超お手軽おつまみ、お試しあれ!!

純米の鏡 雁木

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

 濃厚辛口

雁木の「ひとつび」は生原酒を一度火入れして安定、和水(加水・割水)してアルコール度を下げて非常に飲みやすくした生貯蔵酒である。

美味しいお酒の多い山口県の中でも、一際輝きを放つ、「ひとつび」。

・アルコール分 15~16 

・日本酒度+4 

・酸度1.9 

・使用米山田錦 60%(麹)五百万石 58%(掛) 

・使用酵母協会9号

・八百新酒造株式会社

・山口県岩国市今津町3丁目18-9

口当たりがやわらかく、優しい飲み口でありながら、凝縮した米の旨味や味わい、独特の香りとコクがあり、非常に深いお酒である。

表分布では濃厚辛口に属するが、濃厚で重たい感じは全くなく、むしろスッッ入っていき、味わいを堪能した後ほどなく切れてゆく。

癖がなく、万人に好まれる味でありながら、しっかりとした自己主張もある。まさに高級ブランドが持つアイデンティティを備えている。

このお酒のもう一つの特徴は、どの温度帯でも楽しめるということ。冷やせば、端麗な感じだし、温めれば程よく旨味がます。

どんな料理でも合わせられ、正に万能 IZ 雁木 である。

おまけに非常にリーズナブルとあっては、試さずにはいられない!