酒の聖地三輪 みむろ杉

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

 端麗辛口

日本の酒造りの発祥の地といわれている聖地三輪。

三輪にある大神神社は日本最古の神社で、本殿を持たず、三輪山をご神体として祀っている。
三輪山は古来から「三諸山」と呼ばれ、「うま酒みむろの山」と称されるは「みむろ(実醪)」すなわち「酒のもと」の意味で、 酒の神様としての信仰からの呼び名となったそうだ。
毎年11月14日は大神神社に全国中から蔵元・杜氏が集まり「醸造祈願祭」が行われ、境内では振舞酒も行われ、醸造家とともに多くの参拝客・観光客で賑わっている。

また醸造祈願祭の後に、酒蔵のシンボルでもある玄関先の杉玉を全国の酒造元に配っている。

・商品名:みむろ杉 純米吟醸 華きゅん おりがらみ無濾過生酒

・原材料:米・米麹

・原料米:雄町100%

・精米歩合:60%

・アルコール分:15度

・日本酒度:-1

・酸度:1.9

・アミノ酸度:0.9

今西酒造株式会社

奈良県桜井市大字三輪510

お酒の濃淡甘辛表では、濃厚辛口の指標にある。

しかしながら、生酒らしく香りはフレッシュで爽やかなラムネのような吟醸香が特徴である。

一口飲んだ時の爽快さで、ぐいぐいと飲みやすく、それでいて雄町特有の甘味とコクも追って広がってくる!

流石、聖地の酒とあって美味しく奥が深い味わいである。とくにこの ”華きゅん”は お試し頂きたい!

大和肉鶏は勿論、魚や野菜、洋食にも合わせやすいお薦めのお酒である。