酒の聖地三輪 みむろ杉

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

 端麗辛口

日本の酒造りの発祥の地といわれている聖地三輪。

三輪にある大神神社は日本最古の神社で、本殿を持たず、三輪山をご神体として祀っている。
三輪山は古来から「三諸山」と呼ばれ、「うま酒みむろの山」と称されるは「みむろ(実醪)」すなわち「酒のもと」の意味で、 酒の神様としての信仰からの呼び名となったそうだ。
毎年11月14日は大神神社に全国中から蔵元・杜氏が集まり「醸造祈願祭」が行われ、境内では振舞酒も行われ、醸造家とともに多くの参拝客・観光客で賑わっている。

また醸造祈願祭の後に、酒蔵のシンボルでもある玄関先の杉玉を全国の酒造元に配っている。

・商品名:みむろ杉 純米吟醸 華きゅん おりがらみ無濾過生酒

・原材料:米・米麹

・原料米:雄町100%

・精米歩合:60%

・アルコール分:15度

・日本酒度:-1

・酸度:1.9

・アミノ酸度:0.9

今西酒造株式会社

奈良県桜井市大字三輪510

お酒の濃淡甘辛表では、濃厚辛口の指標にある。

しかしながら、生酒らしく香りはフレッシュで爽やかなラムネのような吟醸香が特徴である。

一口飲んだ時の爽快さで、ぐいぐいと飲みやすく、それでいて雄町特有の甘味とコクも追って広がってくる!

流石、聖地の酒とあって美味しく奥が深い味わいである。とくにこの ”華きゅん”は お試し頂きたい!

大和肉鶏は勿論、魚や野菜、洋食にも合わせやすいお薦めのお酒である。

豚肉と高菜の炒め物

【手間ンクA】

おつまみ簡単レシピ

・高菜 大さじ3

・豚肉(細切れ) 100g

・ごま油 少々

・白ごま 少々

・本だし 小さじ1

豚肉を細かく切って、ごま油を敷いたフライパンで炒め、追いで高菜も炒める。

よく炒めたら本だしを入れてかき混ぜ出来上がり。お皿に盛り付けたら、白ごまをかけて食べる。

お酒のおつまみにどうぞ!

豚肉炒めだけでは酒のお供として少し物足らないが、高菜を入れることによりほのかな酸味や、触感も加わりより和風に仕上がる。

手間いらずで安価なおつまみ 重宝重宝!

山廃など生酛系のコクのあるタイプのお酒にお勧め。

熊本の桜花

お薦めランク【☆☆☆☆+】

1902年に熊本県で創業した花の香酒造の看板銘柄。もともとは神田酒造として誕生し、1992年花の香酒造に名を変えた。神田清隆氏が6代目当主で杜氏を兼ねている。

幾つかあるシリーズの中でもこの「桜花」は、ロンドンSAKEチャレンジで金賞受賞している。またフランスで開催された日本酒コンクール第1回「Kura Master」では最高位のプラチナ賞に輝き、上位10銘柄に選出されて「審査員特別賞」も受賞した。

使用米は「山田錦」で、今では珍しい伝統技法「撥ね木搾り」所謂、木槽絞りで上槽している。醪を酒袋に入れて槽に積み込み、「撥ね木」と呼ばれる巨木に重しを吊してテコの原理で圧をかけ時間をかけてゆっくり搾るために優しく旨みのある酒になるという。

・商品名:純米大吟醸花の香 桜花

・原材料名:米・米麹

・使用米:山田錦

・精米歩合:麹米50%・掛米50%

・アルコール分16度

花の香酒造株式会社

熊本県玉名郡和水町西吉地2226ー2

フルーティーで、酸味と発泡感が口に広がる。

甘さは控えめで、程よく切れてゆく。

シャンパンのような泡感と白ワインのような感覚が新鮮である。

和食にも当然合わせられるが、油っこいものや、洋食、中華などにも合わせやすい。

チーズやクッキー等に合わせても美味しいと思う。

お値段はとてもリーズナブル、そしてこのクオリティー!

是非お試し頂きたい一品。特に女性や日本酒が苦手と思っている方にはお勧めである!

【注】

但し、発泡力があるため、開封後横にして冷蔵庫に保管しておくと栓が勝手に抜けてしまう!マメに開きガス抜きが必要である