博多の 若波

日本酒ランク【☆☆☆☆】

大正11年、今村本家酒造の分家として大川の地に創業した酒蔵で醸された。 蔵の傍を流れる筑紫次郎(筑後川)の若々しい波の姿より「若波」と銘名されたとのこと。

壽限無(じゅげむ)とは山田錦(父)と夢一献(母)の交配種の酒米の名前。

・商品名:若波 純米吟醸 壽限無

・原材料:米、米麹

・精米歩合:55%

・アルコール分:16%

若波酒造合名会社

福岡県大川市鐘ヶ江752

マスカット風の爽やかな果実の香りで、口に含めば上品な酸が感じられ、ほのかな甘み、お米の旨味と共に綺麗で透き通った後味が広る。
口に含んでから最初から最後まで大変バランスが良い逸品である。

和食は勿論、洋食にも合わせやすく、冬は鍋から夏はカルパッチョ等何でもOKである。

大高檀紙を藍に染めたようなラベルが高級感漂う。但しお値段は比較的リーズナブル。

博多の 若波” への5件のフィードバック

  1. 大川にこんなお酒があるんですね!
    ラベルも素敵だし、帰省できるのなら買い物リストに入れてたと思います!
    こちらへのお土産にもよさそうです。

    いいね

  2. こんばんは。アルペン猫さん。九州の北部は、本当に酒処です!!
    ところで大川は佐賀のすぐお隣になるんですね。
    福岡には、若波の他にも庭のうぐいす、三井の寿、 等々美味しいお酒が多いですよ。

    いいね

  3. 品種改良で九州の米の質が上がったからでしょうか?九州北部の酒は本当に美味しいですね。極め付けは鍋島でしょうか^_^
    岩波、早速調達します。リーズナブルは大切です^_^

    いいね

  4. 九州は本当に酒処です。事実を知ったとき北陸在住の私には目から鱗でした。
    鍋島、七田あたりが有名ですよね。裏鍋島も良かったですよ!
    長崎もなかなかのお酒があります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中